防犯用小型カメラ販売館
もっと早くこの無料メルマガを知っていたなら、あの●●コインの投資であんなに損しなかったと今ごろになって後悔してる俺↓

動くフィギュアの元祖「GIジョー」は昭和の男の子の憧れだった!

昭和のニュース

動くフィギュアの元祖「GIジョー」は昭和の男の子の憧れだった!

日本における「GIジョー」とは?

米国で人気を博したG.I.ジョーは各国に輸出されることになる。日本では同じく1966年に三栄貿易株式会社によって輸入され、その後、1969年には新たに権利を得たタカラが引き続き販売を行なった。

当時日本でも放映されていたアメリカの連続TVドラマ『コンバット!』の人気もあり、兵隊をモチーフにした玩具は一定の人気を得ていた。その時期に輸入品として登場したG.I.ジョーは、当時の玩具としては破格のリアルさと高級感、豊富なオプションによる世界観の広がりなど、子供達に大きなインパクトを与える存在だった。

出典 http://ja.wikipedia.org

1960年代に放送された「GIジョー」のコマーシャル動画がこちら!!

1960年代にたぶんアメリカで放送されていた
と思われる「GIジョー」のテレビコマーシャル
の動画ありましたので、ご紹介します。

管理人の私も今回初めて見ましたが、子供に
比べて結構大きいなぁ~というのが第一印象です。
軍隊の設定なので、ある程度の数がないと
様にならないですし、ユニフォームや装備も
無限に増やしていける設定だったんですね。

こちらが一番ベーシックな兵隊モデル

出典 http://serogan.la.coocan.jp

こちらは一番ベーシックなアクションソルジャー
と言われるタイプで、顔があまりアメリカ人
ぽくない感じがするのは私だけでしょうか?

田舎に住んでいた私は、もちろん実物を見た
事もありませんし、周りのお金持ちの子供
でも持っていた友達は皆無でしたから
まさに幻のフィギュアと言っていいでしょう。

今見てもなんかワクワクさせる男心を
くすぐるオモチャだと思いますね。

当時の雑誌に掲載されたGIジョーの広告

当然実物を見た事がない私は、当時の少年雑誌に
掲載されていたGIジョーのこのような広告を
眺めては、遠い憧れをいだいていた少年でした(笑)

テレビで放送されていた「コンバット」の
影響はかなり大きかったと思います。
戦争もの、軍隊ものは子供は大好きですからね。

こちらは髭のGIジョーたち

出典 http://s-media-cache-ak0.pinimg.com

こちらはドイツ兵のモデルになります

アメリカからすれば、ドイツ兵は当然敵兵と
いう設定なんでしょうけど、顔立ちといい
軍服といい、下の写真の日本兵と比べると
雲泥の差ですよね。

日本軍は敵兵として登場していました

出典 http://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp

インスタグラムで見つけた「GIジョー」たち

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

もっと早くこの無料メルマガを知っていたなら、あの●●コインの投資であんなに損しなかったと今ごろになって後悔してる俺↓

月別アーカイブ